更新できるかな
Top
22才の別れ
 
あなたにさよならって言えるのは
今日だけ
明日になってまたあなたの暖かい手に触れたら
きっと言えなくなってしまう
そんな気がして
わたしには鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに
わたしの目の前にあった幸せにすがりついてしまった

わたしの誕生日に22本のローソクをたて
ひとつひとつがみんな君の人生だねって言って
17本目からは 一緒に火をつけたのが
きのうのことのように
今はただ五年の月日が長すぎた春と言えるだけです
あなたの知らないところへ
嫁いでゆくわたしにとって

ひとつだけこんなわたしの
わがままきいてくれるなら
あなたはあなたのままで
変わらずにいてください そのままで

--------------------------------------------
それなりに年を重ねたせいか、嫁いだわけではなくても
この歌の主人公の気持ちがなんとなくわかる。
きっと、今よりも若い頃にこの歌を聴いていたら、
「なんて女だ!」と思っていただろうな。
歌詞の解釈は人によって違うから何が正しいとは言えないと思うけど、
決めるときは決めないとあかんよ・・・
 
[PR]
by catrize | 2007-02-21 15:58
<< 裏の顔、お見せします。 不思議 >>